ワイハ好きSoul Man

King Of Soulマイケルが綴る、 オヤジの井戸端会議。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SOULの神様も74?才。
初来日の1973年から来日のたびに彼のステージを観てきたが
いやー元気、元気、安心しました。
往年の足裁きこそ影を潜めたものの声量はまだまだ現役。
「ショウビジネス界きっての働き者」と異名を取るだけの事はある。
いまだに世界各国を飛び回り、年間200ステージをこなすというエンターテイナー。
まさにファンキーダイナマイトだ。

JBの手の一振りで、リハーサルとちがう進行が行われても微動だにしないバックのメンバーもさすが。
3月5日もステージ中 司会のダニー・レイがマントを用意していたのに
JBの気分なのか、結局使わずじまいで お約束のマントショウが観れなかったのはチョッと寂しい気がした。
その分なのか、JBがめったにやらないアンコールに応えたのはビックリしたし うれしかった。

お約束といえば 我がKING OF SOULのDON氏が今回もステージに呼ばれ
いつになく元気に一踊りしてJBに35年来の友人と紹介された時は
何かジーンと熱いものがこみ上げてきた。

そのDON氏がJB'sのメンバーをSOUL NUTSに連れてきた。
御大JB氏はさすがに出歩かないが、ダニー・レイ、オリジナルメンバーでベースのフレッド・トーマスらを筆頭にJBの息子のダリルやコーラスのお姉さん達まで総勢10数名の団体様。
ステージ終了直後とあって みんな腹ぺこで飲むは食うはで板長大忙しでゆっくり話してる場合じゃない。
あげくの果てメンバー達は明日、朝早くアメリカに帰るそうで0時すぎには引きあげるというあわただしさ。
それでも帰り際にはみんなで写真を撮ったり ハグしたりと別れを惜しんで ダニーとフレッドが再来店を約束し記念にとサインをのこしていってくれた。
jbs.jpg

DSC00009.jpg

また元気なJBと彼らのステージが観たいものだ。
ダニー、、、 フレッド、、、
君達の大好きな「SAKE」を用意して待ってるぜ!

スポンサーサイト
日本はさむいですねー。
先月ハワイでK子と結婚式を挙げてきました。
wedding.jpg

ワイハ好きソウルマンの私としてはとても楽しい10日間を過ごさせてもらいました。
しかしながら私たちのハワイタイムは非常にハードで、朝はまず夜明けとともに目が覚めます。ホテルの窓から外をチェック、天気がいいとすぐに海支度をして出発。
近くのドライブインで朝食を取りコンビニでドリンクなどを仕入れ、アラモアナビーチで A面の日焼け兼、二度寝に入ります。
DSC00342.jpg

昼までビーチでがんばり、昼食はもっぱらマカイマーケットのジャンクフードで各国のプレートランチをいただき午後は車でちょっと遠出。
カイルアやラニカイあたりの人けのないビーチでB面の日焼けをし、
コンガリと仕上がったころショッピングに移行します。
田舎町のSCは穴場なんです。
同じ商品でもワイキキの半額以下なんてことも!

日の暮れる頃ワイキキに戻り、DFSでジャックポットに挑戦。
10ドルばかりの割引券をGETして後々のお土産の足しに!

一度ホテルに戻りシャワーでも浴びて夜のお出かけ用に着替え夕食へ。

ここからが本番なんです。
毎晩どこかのディスコやクラブでイベントをやっていて それらをチェックしながら一晩に何軒かハシゴをしてヘロヘロ状態でホテルに帰ってくるのは毎日3時すぎ。
バタンキュウで爆睡””””。ハッと気ずいたら朝7時。
さーまたいそがしい一日がはじまります。

さむい日本をはなれ、ハワイでのんびりと日ごろの疲れを癒そうと
思っていたはずが毎日がハードでやせる?思いでした。 
昨日もNHKの例の番組を見せていただきました。
ドゥイット、ファンキーストリートを教えていました。
ドゥイットというステップは知らなかったのですがくわしいYさんが九州発のローカルステップだと教えてくれました。
ファンキーストリートはとりあえず10カウントで動き的には似ていたもののいかがなものかなという感じでした。

一つ一つのダンスには名前があり それぞれ意味があるもので 番組でも前々からダンス名の由来等にもふれてくれたらなーと思っていました。
ご存じのようにファンキーストリートは当時、アーサーコンレーのファンキーストリートという曲をこのステップで踊ったのが始まりで
本来はこのステップを作った「ソウルブラザーズ」のクックさんの名前をとりクックチャチャ、またの名をファンキーストリートと呼んでいたものと記憶しています。
それをいくらなんでもアバのダンシングクィーンで踊るというのは あんまりではないでしょうか?
番組内ではしきりに「楽しければ何でもOK」をうたっているんですが70’sだ80’sだディスコだとさわいでいるのなら当時の事をもっと正確に伝えるのも番組の役目ではないでしょうか?

今日、知人のMさんがNHKに行って直接抗議してきたと言っていました。
自分達の青春時代のカルチャーを大切にしている仲間達もきっと同じ気持ちだと思います。


久々のブログとなりました。
このところネタ不足というかさぼっていたというか、あまり外に出歩いてない為、ネタ的にケイコと内容がかぶったりして。

でもやっといいネタが出ました。
ご存じNHK「趣味悠々」パパイヤ鈴木のダンスレッスン。

やー、やってくれますねえ。
聞く所、他のブログや2チャンネル系のソウルファンの間ではかなり話題になってるようで遅かりしの感はあるのですが やはり僕もダンサーの端くれとしてアレを黙って視ているわけにはいかんでしょう。

先日、仲間のDさんとNさんにも言いつけちゃいました。
2人とも大人ぶって苦笑いでしたが本心はきっと
「いいかげんなダンスおどってんじゃねえ」
とおもっているはず。

そこで大人の僕としてもテレビを視て一言、
「まー、見よう見まねにしては しょうがないんじゃない? でもテレビで教えたりするんだったらもっと本物をリサーチしてからにしないとあとで自分が恥を書くのに」とは言ったものの
三宿の某ソウル居酒屋のMさんなどは
「ヤロー、いいかげんにしろ。おまえどこの田舎のデスコさいってたんだ。さも当時から踊ってたように言ってんじゃねえ。おまえのそのソウルステップもソウルCCも誰も見たこたねえよ。」と怒りまくり。
お呼びとあれば「本物、教えたる」ぐらいの勢いでした。

ディスコダンスをよくご存じの方は「パパイヤごときが」と笑ってらっしゃるでしょうが 知らない人はアレが本当なんだと勘違いしちゃいますからねえ。

不祥事続きのNHK。ソウル界においてはまたまた大きな不祥事ですよ。
久々に3人揃って踊ったキングオブソウル。
最近では 昨年ダンテリの20周年に大きなイベントでも と思っていたらドンが入院し、今年はニックが入院と寄る年波は隠せないがニックの退院祝いのお披露目という形で 手術の傷の癒えぬニックを引っ張り出し 半強制的にリハビリショウタイムといったところでしょうか?約20分弱の軽いダンスを披露した。
一部には「これが最後かもよ?」などとよからぬウワサが飛び交い
それがまた人を集めたりして この盛り上がりを喜んでいいのか悪いのか。
何だかんだと言われながらも お馴染みの赤の衣装に着替えた3人はけっこう嬉しそうな顔で それなりに気合入ったりして。
スクールのユキ先生にも加わってもらいパワーアップしてみましたが 途中メンバー紹介の場面では 「ニック岡井、北里大学病院所属。ドン勝本、日赤病院所属」などとふざけて言える程元気で一安心。
後は来月にでも「エモリ藍、三井記念病院所属」の元気なところでも見たいと願っています。

とりあえず毎月第一金曜日はダンテリで「キング オブ ソウルデー」
来月は11月4日です。

尚、二次会は 三宿ソウルナッツへどうぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。